ヒカル・オーキッド

2024年6月のカレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日
休業日

2024年7月のカレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日

胡蝶蘭をもらったら

胡蝶蘭をもらったら - 置き場所、水やり、処分、無料回収の方法

胡蝶蘭を受け取ったら、どんな場所に飾り、水やりなどのお手入れはどうすればいいのか、お花が終わったらどうすればいいのか、最終的な処分はどうすればいいのかなど、わからなくて困ることがたくさんあります。このページでは、ヒカル・オーキッドの胡蝶蘭を受けとった方のために、それぞれの疑問にお答えしていきます。なお、疑問や質問などがありましたら、些細なことでもお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。丁寧に回答いたします。

ヒカル・オーキッドの胡蝶蘭の特長

  • ヒカル・オーキッドの胡蝶蘭「フォアスPREMIUM」シリーズには専用のオリジナル水さしが付属しており、胡蝶蘭を受け取ってから3週間後にこのオリジナル水さしに水を入れるだけで水やりが完了。お手入れや世話がとても簡単で、胡蝶蘭をいただいた方の負担はほとんどありません。
  • プラスチックやビニール、陶器や金属などの産業廃棄物を排出せず、すべて事業系一般廃棄物(燃えるゴミ)として処分できます。ハサミだけで簡単に分解でき、産業廃棄物を排出しないため分別の必要がないので、また株の無料回収がついているので、贈られた方が処分に困ることがありません。人にも地球環境にも優しい胡蝶蘭です。

届いた胡蝶蘭を飾る

  • 開梱してお花にかかっているカバー類を取り除き、立て札が正面を向くようにセットしたら、オフィスのエントランスやもらった人の執務室の内外など、来客の目につきやすい場所に胡蝶蘭を飾ります。
  • 胡蝶蘭を飾る場所は、風通しがよく、湿気が強くなく、直射日光が当たらず、暑すぎたり寒すぎたりしない場所であれば理想ですが、基本的には人間にとって快適な環境であれば大丈夫です。なお胡蝶蘭にとっての適温は10℃から30℃の間です。

水やりをする

  • 胡蝶蘭の水やりは2週間から3週間に1回程度です。お花の発送前にお水をあげていますので、お花が届いてから3週間後を目安に1回目の水やりをしてください。株に挿してあるオリジナル水差しを使って水やりをします。

オリジナル水さしを使った水やり

オリジナル水さしを株元に挿した状態で、水さしのシールの目印まで水を入れていただくと、数分で浸透します。目印以上のお水をあげますと、ポットからあふれ、花器が傷む可能性がありますのでご注意ください。

生分解性BIOプラスチック製の水さし

一見すると普通のプラスチック製に見える水さしは、トウモロコシ由来の生分解性BIOプラスチック製です。意匠登録出願済み、特許取得済みの、ヒカル・オーキッドのオリジナルです。

  • オリジナル水さしは使用時以外は取り外しても構いません。挿しなおすとき、斜めに挿すと先が折れることがありますのでご注意ください。
  • 何度もお使いになりますと、水さしの先の小さな穴が目詰まりすることがあります。水が落ちていないようでしたら、水さしに貼り付けてある針金で詰まりをお取りください。

株以外を処分する

  • お届けから1ヶ月ほど経って花が落ち始めたら、そのまま飾っておくには見映えが悪くなってきますので、贈り主さまの印象を下げないためにも、お花を片付けます。このとき、残っているお花を切り花にすると、切り花の状態でも2週間から3週間ほど楽しめます
  • フォアスPREMIUMを裁断・処理するのにかかる時間は1鉢あたりわずか1分ほど。残った花を切り花の一輪挿しにする時間も含めてわずか2分ほどです。必要なものはハサミだけ。以下の2分間の動画で説明していますのでぜひご覧ください。

フォアスPREMIUMの処分

鉢は紙製か木製、支柱には竹ひごやヒノキを使用しており、鉢の内部で株を固定しているのは再生紙製の内鉢です。これらはハサミで容易に裁断でき、すべて事業系一般廃棄物(燃えるゴミ)で廃棄できるため、分別も産廃処理業者も必要ありません。

茎ごとまとめて裁断できる竹ひご製の支柱をはじめ、産業廃棄物としての処理が必要になる不燃性の資材を廃したフォアスは、胡蝶蘭を贈られる側の労力的・金銭的な負担をできるだけ減らしたいという、贈り主さまの気持ちがこもっています

一般的な胡蝶蘭の処分

一般的な胡蝶蘭は、陶製かプラスチック製の鉢、鉢に株を固定する発泡スチロール、直径4mm長さ1mほどの鉄の支柱(被覆か塗装)、花茎と支柱を固定するプラスチック製のクリップなど、不燃性の資材が多く使われています。

事業所においてはこれらすべてが産業廃棄物で、処分するためにはきちんとした分別と専門の廃棄業者が必要となります。分解や分別にかかる時間は1鉢あたり10分から15分程度。たくさんの胡蝶蘭を処分するのは半日から一日仕事です。

株を回収に出す

  • 花が終わっても胡蝶蘭の株は生きています。生きている株を捨てるのが忍びないなら、オフィスで、または自宅に持ち帰って育てるのもいいでしょう。
  • ヒカル・オーキッドの「フォアス」には株の無料回収がついており、返送されてきた株は再育成ののち新しい商品へと生まれ変わらせる取り組みもしています。少しでも廃棄を減らしたい、ヒカル・オーキッドの想いです。

胡蝶蘭の命を大切にする株の無償回収

フォアスPREMIUMには胡蝶蘭の回収クーポンがついています。役割を終えた胡蝶蘭を返送することで、栽培に精通するヒカル・オーキッドが再育生し、新たに商品化します。

返送用の着払い伝票

フォアスPREMIUMには、返送用の着払い伝票(佐川急便とゆうパックの2種類)と、回収用の袋、回収の方法のご案内チラシが同梱されています。なお株を返送するかどうかは任意です。

花茎を切って返送用の袋に入れる

花が終わった花茎を根本から20㎝程度のところで切って、株だけを返送用の袋に入れて返送してください。株の回収は、弊社お届けのフォアスの株のみ受け付けます。他社がお届けした胡蝶蘭ですと、栽培方法の違いや株の傷みなどで再育生できない場合があるためです。

葉の傷みは再育成に影響なし

梱包の際に葉が傷んでも再育成には影響ありません。葉を折り畳んで封をしてください。なおフォアスでは植え込みに水苔を使っており、土を使っていないため、この作業で土が散らばる心配はありません

胡蝶蘭を育てる

  • 花期が終わった株を回収に出さず、オフィスで、または自宅に持ち帰って育てるのもおすすめです。
  • 胡蝶蘭は寿命が長く、オフィスやご家庭での栽培でも10年程度は生き続けることができます。また水やりの周期が2週間から3週間に一度と長いため、長期の旅行や出張で不在にするときも安心です。
  • オフィスやご家庭での胡蝶蘭の栽培について何かわからないことがあれば、お気軽に当園のお問い合わせフォームからご連絡ください。また、「NHK趣味の園芸12か月栽培ナビ(3) コチョウラン」富山昌克のような市販の本を参照するのもおすすめです。

最近チェックした商品